未成年 お金を借りる

未成年がお金を借りるには?

キャッシングを始めたいというかたの中には、大学に入学したての学生や、高校を卒業してすぐに社会へでていくかたのように未成年でお金を借りることは可能でしょうか。
結論から言えば、お金 借りる方法消費者金融や銀行カードローンでお金 借りる方法には制限があります

 

[未成年が申込できない理由]

日本の法律では未成年に契約行為そのものが認められていないので未成年が交わした契約は無効となります。
この理由から未成年は審査に通らないどころか申込ができない業者がほとんどで、法律で定められている未成年とは単に20歳未満をいうのではなく、法律上は結婚していれば20歳未満でも成人として扱われるのですが、既婚問わず未成年単独での利用はできない、としています。

 

[未成年でキャッシングができる場合]

未成年でも審査にとおる可能性が有るのは、中小消費者金融が扱っている学生専用のローンで、親の同意が必要になりますが、申込をすることはできます。

 

つぎに、安定した収入がある既婚者や、親の同意を得て会社を経営しているかたで、既婚者は民法上は成人として扱われるので審査に応じてくれる金融会社もあります。

 

これ以外に一番可能性が高いのは、クレジットカードでのキャッシングで、クレジットカード会社によってちがいますが、18歳や19歳でも申込は可能で、親の同意を求められますが、クレジットカードでキャッシングは可能になります。
ただし、親が経済的に不安定な場合や、多重債務、遅延などの金融事故を起こしている場合はクレジットカードの発行は難しくなります。
未成年者の場合、親の同意はクレジットカードを申込むときに親の名前や連絡先などを記入します。
そして後日クレジットカード会社から親に電話などで確認の連絡が入り、同意が求められます。
その理由として、親の同意なしで契約をした場合、トラブルが起きたときは未成年者は民法で保護されているのでカード会社が不利な状況になってしまうケースがあります。
そのためクレジットカード会社が未成年者と契約し発行するときは、親の同意がとれなければクレジットカードの発行は中止されます。

 

 

お金を借り入れるときには必ず比較しなければならないのが金利です。
どこのカードローンでも公式ホームページのトップに必ず金利が表記されています。
カードローンの人気ランキングサイトなどでも金利は比較されているものです。
なぜ金利を比較しなければならないのでしょうか。

 

金利とは利息を計算するための土台です。
利息は金利だけで決まるものではなく、利用日数や借入残高もかかわってきます。
しかし利用日数と借入残高は本人の意識次第であり、金利だけは本人の意識ではどのようにしようもありません。
利用したカードローンが決めた金利に従うより無いということです。
だからこそ金利はカードローン選びの時には重要な項目となります。
利用し始めてしまえばその金利は簡単には変わることがないからです。

 

金利はそのローンのリスクを表しています。
例えば大型ローンでは住宅ローンがありますが、金利は1%〜2%程度になっています。
何千万円もの借り入れで、なおかつ何十年も支払っていかなければならないその住宅ローンがなぜそこまで低金利なのでしょうか。
それは住宅という担保があるからです。
返済ができなくなったとしても住宅を売却して残高に充当することができ、それだけに銀行にとってリスクの少ないローンです。

 

それではカードローンはどうでしょうか。
銀行カードローンの金利は消費者金融よりも低くなっています。
保証人も担保も必要はありませんが、銀行カードローンでは申し込みに保証会社による保証が必要となっています。
もし返済ができなくなったとしても保証会社による代位弁済がありますので銀行にとってはリスクが少ないということです。
一方で消費者金融はその保証が何もない状態になります。
金利が高いのはそういった理由があるわけです。
どの借り入れにでも金利があります。
金利がリスクを表すという意味がお分かりになったでしょうか。
その貸付金額を回収できるかどうか、そのリスクが金利に加算されています。